8日、川崎フロンターレは「ブラジル全国選手権のサンパウロからFWエリソンを獲得した」と公式発表した。

エリソン・ダニーロ・デ・ソウザ、通称「エリソン」は1999年生まれの24歳。2022-23シーズンはポルトガルリーグのエストリウ・プライアでプレーした経験もあるが、ヨーロッパではあまり活躍できず。

今年はボタフォゴからサンパウロに貸し出されていたが、怪我の影響で19試合3ゴールという結果に終わったとのこと。

ボタフォゴのサポーターからは「トロ」というニックネームで呼ばれ愛された選手であるが、残念ながらこの間にクラブでの居場所は失ってしまったそうだ。

【月間表彰】川崎フロンターレDF山根視来に聞いた!「熱すぎるガッツポーズ」と「等々力が一番」のワケ

なお『Globo』によれば川崎フロンターレにはボタフォゴからエリソンの経済的権利の60%が売却されているとのことで、移籍金についてはブラジルでも明らかにされていないとのこと。

【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名