かつてマンチェスター・ユナイテッドでもプレーしたGKベン・フォスターが、「Nikeと契約した選手だけがアクセスできる秘密のサイトがある」と話したそう。

レクサムで短期間プレーしたあと、昨年夏に現役を引退したフォスター。その後は自身のポッドキャスト「Fozcast」を立ち上げたほか、メディアとコンテンツ制作の分野に進出している。

『Daily Mail』によれば、現役時代にNikeと契約していた彼はポッドキャストで「アスリートが製品をどのように提供してもらうか」ということについて説明していたという。

「選手には担当者がつけられる。昔は、サッカークラブに担当者がいて、毎月1回、あるいは新しい製品が出る時にやってきた。

そしてNikeの契約選手全員のところを回って、新しいスパイクやギアを見せて、今後の予定を説明して、何が必要なのかを尋ねてきたんだ。

しかし今はもうすべてが変わってしまったよ。Nikeと契約している選手向けの秘密のウェブサイトがあって、ログインIDとパスワードが提供される。そして我々はそこにアクセスして、好きなものを指定するだけ。

みんな大金が振り込まれる口座を持っているし、アクセスして、クリックして、物が届く。素晴らしくクールだね。公平になった」

かつては担当者が直接選手やチームのところを訪れていたが、現在は専用のウェブサイトがあってそこにアクセスするだけなのだという。

adidasとNIKEが最多!日本代表26名の契約メーカー&着用スパイクまとめ(2023年6月)

ただ、フォスターとしては特別な選手だけに手厚くなるのではなく、契約している選手がより公平に物品にアクセスできることからありがたさも感じているようだ。

【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名