第102回全国高校サッカー選手権大会は6日、準決勝2試合が開催された。

試合結果は以下の通り。

準決勝

1月6日(木)

市立船橋(千葉) 1-1(PK2-4) 青森山田(青森) 

近江(滋賀) 3-1 堀越(東京A)

優勝候補同士の一戦となった市立船橋と青森山田は、青森山田が過去5回の優勝を誇る市立船橋をPK戦の末に退け、4度目の全国制覇へ王手をかけた。

第2試合では近江が堀越を下し、同校初となる決勝へ進出。滋賀県勢の決勝進出は乾貴士(現清水エスパルス)を擁した2005年度の野洲以来18大会ぶりとなった。

決勝

1月8日(月)

青森山田(青森) vs 近江(滋賀)

青森山田→大学サッカーで飛躍した「最強の5人」

優勝候補の青森山田に旋風を巻き起こしている近江がどう立ち向かうのか。試合は8日14時5分にキックオフ予定となっている。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名