第102回全国高校サッカー選手権大会は4日、準々決勝4試合が開催された。

試合結果は以下の通り。

準々決勝

1月4日(木)

名古屋(愛知) 1-2 市立船橋(千葉)

青森山田(青森) 4-0 昌平(埼玉)

神村学園(鹿児島) 3-4 近江(滋賀)

堀越(東京A) 2-1 佐賀東(佐賀)

青森山田と昌平のプレミアリーグ対決は、開始早々セットプレーによる連続弾でリードを奪った青森山田が4-0と快勝。

市立船橋は清水エスパルス内定FW郡司璃来の今大会5ゴール目により快進撃を見せていた名古屋を退けた。

第2試合では近江と堀越がそれぞれ激闘の末に神村学園と佐賀東を破り、ともに初の準決勝進出を決めている。

準決勝の対戦カードはこちら!

準決勝

1月6日(土)

市立船橋(千葉) vs 青森山田(青森)

近江(滋賀) vs 堀越(東京A)

青森山田→大学サッカーで飛躍した「最強の5人」

舞台はいよいよ国立競技場へ。第1試合は市立船橋と青森山田のプレミア対決。第2試合ではいずれも初の決勝を目指す近江と堀越が対戦する。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名