日本代表チームは1月1日、国立競技場で国際親善試合「TOYO TIRES CUP」のタイ戦に臨んだ。

前半は0-0と攻めあぐねたものの、後半開始直後に田中碧が先制点を奪取。さらにその後中村敬斗が追加点を決め、コーナーキックからオウンゴールがリードを広げた。

加えて82分には途中出場の川村拓夢、アディショナルタイムには南野拓実が追加点を決め、最終的には日本代表が5-0と勝利を収めることに成功した。

試合後、右サイドで先発した伊東純也はフラッシュインタビューで以下のように話していた。

「前半は少しむずかしい時間も続きましたけど、後半にフレッシュなメンバーが得点を取って勝てたことは良かったかなと思います。

相手がしっかりとブロックを作ってきて守る中でもチャンスは作れていたので…前半に自分が決めていればもっと早く楽になれる展開でした。

またチーム内での競争が始まりますし、新しい選手たちがいい活躍をしたことによって刺激になります。良い競争が生まれればと思います。

キャプテンマークを任されたことは本当に名誉なことなので嬉しく思います。アジアカップで優勝できるように、今日いいスタートを切れたと思うので、良い準備をして大会に臨みたいと思います」

8連勝の日本代表、2023年に評価を上げた5名の選手

日本代表チームはこれからアジアカップが行われるカタールへと向かい、14日にベトナム戦、19日にイラク戦、24日にインドネシア戦に臨む予定となっている。

【厳選Qoly】クロースだけじゃない「好調期に引退宣言した」7名のスター選手

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら