Jリーグ公式Youtubeチャンネルは29日、今シーズンのJリーグを振り返る「Jな夜会2023」の前編を公開した。

今回出演したのはワッキー(ペナルティ)、チョウ・キジェ(京都監督)、横内昭展(磐田監督)、酒井高徳(神戸)、太田宏介(町田)、森脇良太(愛媛)、そして野々村芳和(チェアマン)の7名。

その中で、今季途中にヴィッセル神戸を退団してUAEのエミレーツ・クラブへと移籍していったアンドレス・イニエスタの話も…。

野々村「イニエスタが退団していったことについては?」

酒井「アンドレスも本人はすごく難しい状態だったと思うんです。ただチームの方向性というのは本人も理解した上で…というのはあったんで。

彼なしでは優勝という結果は成し得なかった。『アンドレスがいなくなったから』とか『アンドレスがいない試合は…』と散々言われてきたんで、これでダメだったら俺たち何を言われるかわからないよという感じだった。

もともとそういう方向性で試合をしてはいたんですけど、アンドレスがいなくなったからこそ優勝をしたかった。

正直に言えば、優勝というのは誰もあまり声には出していなかったんです。とにかく目の前の1試合を勝とうという。

ただアンドレスがいないサッカーを自分たちが体現して、みんなが『これだったらアンドレスいなくてもいいよね』と思わせなければダメだよね…という形でガチッと」

ただ、イニエスタの技術面については「異次元だった」と酒井高徳も驚愕していたという。

酒井「うまいですもん、びっくりですよ。見たことなかった。バイエルンとかもすごかったですけど、アンドレスは言葉で表せない。『ゲーム』ですよ。

ゲームは✕ボタンを押したらちゃんとパスが届くじゃないですか。でも実際のサッカーでは10本やれと言われても6~8本とかです。距離が長くなればなるほどムリじゃないですか。

アンドレスはゲーム。ポチッと押したらどこにいても全部通る。常にそんな感じです」

酒井高徳も最初はタイミングが全く合わず、練習だけではなくYoutubeでイニエスタのプレーを研究して動き出しのタイミングを考えたという。

バルセロナ「近代で最も偉大な10名の選手」。メッシ、イニエスタ…

またボール回しの練習でも全く取られない上、ギリギリのタイミングでプレーを自然に変えられるようなテクニックがあったそうだ。

【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名