12月9日に行われた第103回天皇杯決勝戦で3年ぶり2度目の優勝を成し遂げた川崎フロンターレ。

決勝直後に発売となった天皇杯優勝記念グッズ第1弾は風呂桶などユニークなグッズが話題となったが、25日に発売された第2弾ではさらに強力な「ヒノキ」の記念グッズが登場!

川崎Fならではの個性的すぎるそのアイテムをご紹介したい。

川崎フロンターレ 天皇杯優勝記念グッズ

川崎フロンターレ 第103回天皇杯 優勝記念グッズ 足湯

サイズ:約H290×W470×D370mm

素材:ヒノキ

価格:110,000円

なんと、まさかのヒノキ足湯の登場である。この優勝記念グッズは川崎“フロ”ンターレだからこそ!

木目はそれぞれ異なるため“この世に一つしかない商品”とのことだ。

クラブ側では「今回の優勝記念グッズの中で最高価格、最重量の伝説品を購入する方をお待ちしています。」と呼びかけている。確かにこれは重そう。

川崎フロンターレ 第103回天皇杯 優勝記念グッズ 七宝玉(7個入り)

サイズ:直径約40mm

素材:ヒノキ

価格:2,970円

これはもう、どこからどう見てもあの7つのボールにしか見えない。

浴槽に浮かべることでヒノキの爽やかな香りが浴室に広がるこのアイテム。いつもの風呂場が森林浴に早変わり。リラクゼーションに最適のアイテムだ。

来季から変更!2023年「新しいエンブレムを発表した」5つのJリーグチーム

今回ご紹介した二つのヒノキグッズはクラブ公式オンラインストアにて、2024年1月14日(日)までの期間限定で受注販売を実施中。

ヒノキの受注生産品につき、注文してから手元に届くまでに少し時間を要するとのこと。詳細については川崎フロンターレのクラブ公式ウェブサイトまで。

【厳選Qoly】メッシ引退後にアルゼンチン代表の背番号10を継承しうる5人