かつて日本代表のキャプテンとして活躍した長谷部誠。来年2月で40歳になる重鎮は、フランクフルトでプレーを続けている。

2008年1月から実に16シーズンに渡ってブンデスリーガでプレーしてきたが、代表でともに戦った内田篤人と吉田麻也は、DAZNのFootball Timeでこう話していた。

内田「長谷部ってまだやってんですか(笑)2008年から!?」

吉田「バケモンじゃない?(笑)」

内田「すげぇな、あの人。いつまでやるんだろ。あの人は帰ってこないよね、日本に?どうなの?」

吉田「帰ってこないんじゃないですかね」

内田「吉田は帰ってこないの?」

吉田「帰って来ないですね」

内田「もしかして、アメリカにそのままステイですか?」

吉田「っていう可能性もあるかもしれないですね」

ともに35歳の内田と吉田は年齢的には後輩。

レベル高すぎ!長谷部誠の「最強の同僚ベストイレブン」

内田は引退したが、吉田はMLSのLAギャラクシーでプレーを続けている。40歳間近でいまだに第一線にいる先輩を「化け物」と感じているようだ。

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら