12月18日(月)に国立競技場で開催されるウクライナ復興支援マッチ。

国内リーグで14回の優勝を誇る王者シャフタール・ドネツクが来日し、今年のルヴァンカップ王者アビスパ福岡と対戦する。

このチャリティーマッチは、フットボールを通じてウクライナへの支援を全世界へ発信するとともに、試合の売上から経費を引いた利益の全額を、ウクライナの復興支援のために寄附することを目的に開催。試合には日本へ避難しているウクライナ避難民も招待される。

シャフタールは13日、UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ最終節を戦ったばかり。ポルトに敗れ惜しくもラウンド16進出は逃したものの、グループ3位でUEFAヨーロッパリーグ進出を決めている。

そんな彼らの気になる来日メンバーがこちら!

GK:

1.アルトゥール・ルドコ(ウクライナ)
12.ティムル・プザンコフ(ウクライナ)
31.ドミトロ・リズニク(ウクライナ)※
48.デニス・トヴァルドフスキー(ウクライナ)

DF:

3.スタフ・レムキン(イスラエル)
5.ヴァレリー・ボンダル(ウクライナ)※
13.ギオルギ・ゴチョレシヴィリ(ジョージア)※
16.イラクリ・アザロヴィ(ジョージア)
22.ミコラ・マトヴィエンコ(ウクライナ)※
23.ペドリーニョ(ブラジル)
25.ノヴァトゥス・ミロシ(タンザニア)
32.エドゥアルド・コジク(ウクライナ)
44.ヤロスラフ・ラキツキー(ウクライナ)※

MF:

4.デニル・カスティージョ(エクアドル)
6.タラス・ステパネンコ(ウクライナ)※
7.エギナウド(ブラジル)
8.ドミトロ・クリスキフ(ウクライナ)※
9.マリアン・シュヴェド(ウクライナ)※
10.ヘオルヒー・スダコフ(ウクライナ)※
11.オレクサンドル・ズブコフ(ウクライナ)※
20.ドミトロ・トパロフ(ウクライナ)
21.アルテム・ボンダレンコ(ウクライナ)
29.イゴール・ナザリャナ(ウクライナ)※
39.ネウェルトン(ブラジル)※
90.オレクセイ・カシュチュク(ウクライナ)

FW:

14.ダニロ・シカン(ウクライナ)※
17.ボフダン・ヴィウニク(ウクライナ)
18.ケビン・ケルシ(ベネズエラ)※

シャフタールは11月7日、CLバルセロナ戦で60分にダニロ・シカンが決めた見事な“チームゴール”により1-0の勝利を収めている。

このバルサ戦に出場していた14名が、なんと全員メンバー入り!(リストで※の選手)

ウィンターブレイク前最後の試合、また国連も後援するチャリティーマッチということもあり、フルメンバーでの来日が実現した。

忖度なしで選ぶ!2023年「ピッチ上で最高にかっこよかった」Jリーグ・ユニTOP10

この試合は『ABEMA』および『スカパー!』で無料配信されるが、チケットもまだ残っている様子。

日本サッカー界では今年最後のビッグマッチ。18日(月)夜の予定が埋まっていない方は、特別な一戦を国立競技場で観戦してみてはいかが?

【厳選Qoly】本日初戦!U-23日本代表、パリ五輪出場を左右する「キープレーヤー」5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら