ACミランの伝説的な選手であるアンドリー・シェフチェンコが、ウクライナサッカー連盟(UAF)の新しい会長に就任する見込みとなった。

『alfredopedulla』によると、1月25日に行われる予定のUAF会長選挙において、シェフチェンコは現在唯一の立候補者となっているそうだ。

シェフチェンコはかつてACミランやチェルシー、ディナモ・キーウなどで活躍した名ストライカーとして知られ、引退後は政治家や指導者として活動していた。

2016年からはウクライナ代表のアシスタントコーチを務め、同年7月からは監督に昇格。2021年まで52試合で指揮し、EURO2021ではベスト8にまで進出している。

その後はイタリア・セリエAのジェノアで監督を務めたものの、2021年11月から2022年1月までと短い期間で解任となっていた。

そして現在はウクライナ大統領ゼレンスキー氏の外部顧問としても活動しており、ロシアの侵略に対処するための資金調達や支援を求める運動に関与してきた。

ウクライナの伝説!シェフチェンコが選ぶ「俺のベストイレブン」

他にも10月26日には「My Life, My Football」と題された自伝本を出版しており、世界的に好評を博している。

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら