かつてイタリア代表として活躍したDFジョルジョ・キエッリーニが39歳での現役引退を表明した。

SNSに「人生で最も美しく、強烈な旅だった。自分のすべてだった。ユニークで忘れられない道を旅してきた。しかし、今は新たな章をスタートし、新たなチャレンジに向かい、より重要でエキサイティングな人生のページを書く時が来た」とのメッセージを綴っている。

キエッリーニはフィオレンティーナで中田英寿とプレーしたこともある選手。ユヴェントスで最強守備陣の一角として一時代を築くと、イタリア代表でも歴代5位タイとなる117試合に出場。

【関連記事】 世界的スターばかり!「中田英寿の最強チームメイト」ベスト11

2022年からはMLSのロサンゼルスFCに移籍して2シーズンプレーし、現役生活を終える決断を下した。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名