2024年の1月から2月に行われるアジアカップ。

レアル・ソシエダでは絶対的な存在である久保建英が1カ月ほど離脱してしまうことへの不安が広がっているとか。

ただ、『AS』によれば、ソシエダのイマノル監督は、久保に対して日本代表に行くなと要請することはないとの趣旨を口にしたという。

「その質問は私にするものではないが、もし全員が同じことをしたら、アジアカップは行われないかもしれない」

日本人所属の欧州クラブが全て派遣を嫌がったら、アジアカップは成り立たないということだろうか。

【関連記事】日本代表、アジアカップで「背番号10」を背負った5人の男

ソシエダは22日のカディス戦が年内最終戦で、2024年初戦は3日のアラベス戦の予定。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★