3日に行われたチェルシーとのプレミアリーグ第14節に2-3で敗れたブライトン。三笘薫はベンチスタートになり、後半12分から途中投入された。

『BBC』によれば、ロベルト・デゼルビ監督はその理由についてこう述べていたそう。

「三笘が先発しなかったのは、アテネで65分プレーしていたからだ。長い時間プレーするのは彼にとって大きなリスクだった。

彼は明日は先発できると思うが、明朝に見定める」

ブライトンは1日にUEFAヨーロッパリーグのAEKアテネ戦を戦っており、三笘は69分間プレーしていた。コンディションを考慮して、チェルシー戦では温存していたようだ。

【関連記事】日本人最強の久保建英と三笘薫と同じ80億円の価値があるスター21人

ブライトンは7日にブレントフォードと対戦する。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら