ブライトンは3日に行われたプレミアリーグ第14節のチェルシー戦に2-3で敗れた。

三笘薫は後半12分から途中出場している。

負傷から復帰した三笘は、1日のUEFAヨーロッパリーグAEKアテネ戦で69分プレー。ロベルト・デゼルビ監督はチェルシー戦で先発できるかは分からないと話していたがベンチからの出場となった。

『Sussex Express』では、「途中投入されると何度か切れ込んだが、怪我をする前のキレはない。とはいえ、この日本代表は終盤には脅威になった」として三笘に6点の評価を与えている。

【関連記事】日本人最強の久保建英と三笘薫と同じ80億円の価値がある世界的スター21人

ブライトンはアーセナル戦を含めて年内に6試合を戦う。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら