清水エスパルスは4日、2024シーズンの「ゴールキーパーユニフォーム」胸スポンサーの新たなパートナーを発表した。

来季はフィールドプレーヤーとゴールキーパーで別々の胸ロゴを付けることになるが、これはJリーグ史上初の試みとなる。

Jリーグは2023年7月1日に「ユニフォーム要項」を改正。最新規定の第10条第2項により、GKユニフォームはフィールドプレーヤー用ユニフォームとは異なる胸スポンサー企業との契約及びロゴマーク掲出が可能となっていた。

第10条第2項

『1stユニフォーム、2ndユニフォーム、3rdユニフォーム、記念ユニフォーム、大会別ユニフォーム等のユニフォームの種類毎に、異なる広告を表示することができる。また、フィールドプレーヤーとゴールキーパーのユニフォームとで異なる広告を表示することができる。』(※一部抜粋)。

【関連記事】清水エスパルス「歴代最高ユニフォーム」5選 “地図”は世界が認める名作デザイン

気になるのは画像の黒いユニフォーム。これは2023シーズンモデルとは違うように見えるが、2024シーズンの新ユニフォームなのだろうか。

今後は他のクラブでも清水のように、FPとGKで異なる胸ロゴのユニフォームが登場するかもしれない。2024シーズンはGKユニフォームにも要注目だ。

今では世界的にレアで懐かしい新品ユニフォームが揃う「Qoly × LFB Vintage」。“あの頃”を思いだす数々のユニフォームやグッズは見るだけでも楽しいです。

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら