南米遠征を行っているなでしこジャパンは、11月30日にブラジル代表との親善試合を行い、3-4と逆転負けを喫した。

サンパウロのネオ・キミカ・アレーナで行われた試合は、4-1-4-1のシステムでスタートしたなでしこジャパンが前半38分に先制点を奪取する。

左サイドから宮澤ひなたのクロス、ファーポストで長谷川唯が受けてシュートフェイントから中央へとつなぎ、最後は藤野あおばがクロスバーに当てつつゴール。見事な展開でリードを奪う。

しかしながら41分にブラジルが追いつく。セットプレーからビア・ザネラートの素晴らしいフリーキックが直接ゴール右隅に決まり、スコアは1-1に。

そして後半、61分には速攻からブラジルが追加点。高いラインを敷いていたなでしこジャパンの裏をとったガビ・ポルティーリョがロングドリブルからシュートを放つ。一度はGK平尾知佳のセーブに阻まれるも自ら押し込み、試合をひっくり返した。

さらにその2分後、南萌華から熊谷紗希への横パスをビア・ザネラートが奪い、そのままシュート。これがゴールに決まり、ブラジルが3-1とリードした。

ただ、なでしこジャパンは86分に遠藤純のPKで1点差に詰め寄ると、88分に清水梨紗のクロスからニアに飛び込んだ田中美南がシュートを決め、終盤であっという間に同点に追いつくことに成功。

ところが、アディショナルタイム7分が過ぎたところでブラジルが再びゴール。デビーニャからのパスを受けたプリシラがペナルティエリア左からシュートを放ち、これがゴール右隅に決まった。

この結果、なでしこジャパンは3-4とブラジルに敗北。逆転に逆転が重なる展開の中、試合終了間際の決勝点で競り負けることになった。

【関連記事】日本代表がメッシに勝った!「2010年のアルゼンチン代表伝説スタメン」がこれ

なお、なでしこジャパンはこのあと12月2日にもブラジル代表との親善試合を行うことになっている。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら