現在シュトゥットガルトでプレーしている日本代表DF伊藤洋輝。

先日はケガのために年内の試合には出場しないというアナウンスがあったが、昨季から今季にかけては数多くの試合でプレーし、ディフェンダーとして評価を高めてきた。

センターバックでもサイドバックでもプレーすることができ、ボールタッチやプログレッシブパスに関してもブンデスリーガでトップクラスの数字を残し、シュトゥットガルトを上位に引き上げている。

そして先日からはイングランド・プレミアリーグのトッテナム・ホットスパーなどが獲得を検討しているという噂が流れている状況だ。

『thefootballfaithful』が伝えたところによれば、伊藤洋輝がシュトゥットガルトとの間で結んでいる契約の解除条件は3000万ユーロ(およそ48.4億円)になっているという。

【関連記事】6連勝の日本代表、“圧倒的強さ”を支える「中心選手」5名

かつて横浜F・マリノスで指揮したアンジェ・ポステコグルー監督が率いているトッテナム・ホットスパーは、日本人選手のプレーを高く評価しているため、伊藤洋輝に加えて町田浩樹も獲得候補にリストアップしているとのことだが…。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★