ジュビロ磐田は28日、「FW後藤啓介がベルギー1部のアンデルレヒトに移籍することが決定した」と公式発表した。

後藤啓介は2005年6月3日生まれで、今年18歳になったストライカー。J2では33試合に出場して7ゴールを決めるなど、レギュラーとして活躍を見せた。

後藤啓介

「1年間熱い応援ありがとうございました。サポーターの皆さんの声が昇格に繋がりました。すごく充実した、感動的な1年間を過ごすことができました!

スクールから数えたら9年間お世話になったクラブを離れるのは寂しいですが、自分が決めた道なので必ず成功できるように頑張ってきます。そして、強い覚悟を持って戦い、プレーし、ファン・サポーターの皆さんにたくさん良い報告ができるように向こうでも頑張ります。

ジュビロ磐田でプロキャリアをスタートできて本当に嬉しかったですし、誇りに思います。これからも応援よろしくお願いします!」

【関連記事】今月、パリ五輪世代から日本代表へ招集されても驚かないタレント5名

アンデルレヒトへの移籍は期限付きで、2024年1月1日からの1年間。アンデルレヒトの方の発表では買取オプションが付随しているとのこと。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら