来季のJ1昇格を決めたジュビロ磐田で7ゴールを叩き出したFW後藤啓介。

191cmの長身を誇る18歳の大型ストライカーは、海外移籍が迫っている。

『Het Nieuwsblad』などによれば、後藤はすでにベルギーのアンデルレヒトで練習参加しており、磐田からの移籍が近く正式発表されるとのこと。

【関連記事】「日本代表でプレーした190cm超のモンスター選手」

後藤の市場価値は25万ユーロ(4090万円)とされているが、2027年まで磐田と契約を結んでいるため、移籍金はそれよりは高いものになるようだ。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら