チェルシーは26日に行われたプレミアリーグ第13節ニューカッスル戦に1-4で敗れた。

ラヒーム・スターリングのフリーキックで一時は同点に追いつくも、終盤にはDFリース・ジェームズが退場になっている。

4勝4分5敗のチェルシーは現在10位。マウリシオ・ポチェッティーノ監督は「今シーズンで最悪の試合。全てのチャレンジがヤワで戦っていなかった。大事なもののためにプレーしていることを示せなかった。それには怒りを覚えるし、失望させられた。こういう試合から学ぶ必要がある。非常に非常に非常に非常に腹が立つ。もっとパーソナリティやキャラクターを見せなければいけないからだ」と述べていた。

BBCによれば、かつてトッテナムやニューカッスルでプレーした元イングランド代表クリス・ワドルは「ポチェッティーノは自分のチームを見て、誰が戦いに挑んでいたのかと思案しなければいけないね。チェルシーはトップ4から100万マイル(160万キロ)も離れている」と指摘していたそう。

【関連記事】アブラモヴィッチのお買い物 ワースト10

なお、39歳と64日のDFチアゴ・シウヴァは、チェルシーのフィールドプレイヤーとして最年長出場となった。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名