現在バイエルン・ミュンヘンでプレーしているイングランド代表FWハリー・ケインが、「史上最強のストライカー8名」を選んだ。

今回ハリー・ケインは「ESPN」の企画でインタビューに答え、その中で「最強のストライカー8名を選んで」という質問を受けた。

そして彼は動き、スピード、ヘディング、フィニッシュ、強さ、優雅さ、連携、仕事率など様々な要素で8名のストライカーの名前をあげていた。

動きの点ではエディンソン・カバーニ、スピードではクリスティアーノ・ロナウド、ヘディングではピーター・クラウチ、フィニッシュでは自分を。

【関連記事】強いドイツにはいつもいた…「失われた最強ストライカーたち」

さらに強さではディディエ・ドログバ、ドリブルではキリアン・エムバペ、連携ではウェイン・ルーニー、仕事率ではジュード・ベリンガムを選択していた。

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら