リオネル・メッシ擁する世界王者のアルゼンチンは、17日に行われたウルグアイとのW杯南米予選に0-2で敗れた。

この試合でウルグアイMFマヌエル・ウガルテがやったポーズが物議を醸している。

ロドリゴ・デパウルに卑猥な侮辱的ポーズをしていたのだ。

試合後、メッシは「自分の考えは言いたくないが、彼らは年長者に敬意を払うことを学ばなければいけない。このライバル対決は常にタフで強度が強いが、常にリスペクトがあった」とウガルテに苦言を呈していた。

そのウガルテは『Sport 890』でこう述べていたそう。

「自分の行動がバズっていると聞かされても理解できなかった。

で、(映像を)見ると死にたくなった。あれはよくない。

あの時は自分でも分かっていなかった。無意識にやっていたのかもしれない。

見返して、『俺は動物だ!』と思った。熱くなってやってはいけないことをやってしまうことがある。

彼(デパウル)とは話せていないが、謝りたい」

いまはあの行動を後悔しているようだ。

【関連記事】日本代表がメッシに勝った!「2010年のアルゼンチン代表伝説スタメン」

22歳のウガルテはこの夏にスポルティングCPからPSGに移籍している。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名