この夏にマンチェスター・シティとの契約が満了になると、ロリアンへ移籍した元フランス代表DFバンジャマン・メンディ。

彼は複数の性的暴行の容疑で起訴されていたが、無罪判決が下されている。

シティはメンディを停職処分とした2021年9月から今年6月まで給与を支払わなかった。

『Guardian』によれば、メンディは最大1000万ポンド(18億円)の逸失利益の支払いを求めてシティを訴えたという。この訴訟の審理は来年から始まる見込み。

【関連記事】グアルディオラ監督がマンチェスター・シティで放出した最強イレブン

一方、英国の歳入関税庁は、メンディには80万ポンド(1.4億円)ほどの税金滞納があることを理由に破産命令を出すことを裁判所に求めている。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★