ついに始まった2026年FIFAワールドカップに向けたアジア二次予選。

日本代表は16日に行われたミャンマーとの初戦に5-0で勝利し、21日にはシリアと対戦する。

そうしたなか、元日本代表MF今野泰幸は、DAZNのFOOTBALL TIMEでこう話していた。

「僕がもし日本代表に入っていたら、この(グループ)リーグは嫌です。

(その理由は)シリアと北朝鮮。シリアって結構体格がいいんですよ。

結構足元もうまくて。結構強いっすよ、地味に。たぶん、日本中の皆さんは分かっていないと思うけど。

(内田篤人に)知ってるでしょ?シリアは結構苦戦しない?

いまの日本代表なら(大丈夫だと)思うけど。

今野は2011年のアジアカップなどでシリアと何度か対戦した経験がある。厄介な相手という印象が残っているようだ。

【関連記事】トラウマ級!?日本代表を“涙目“にさせた6人のバケモノ

今回の試合はサウジアラビアで行われるが、果たして。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら