16日、日本代表チームはパナソニックスタジアム吹田でワールドカップ・アジア2次予選のミャンマー戦に臨んだ。

『ABEMA』では元日本代表DFの坪井慶介氏、そして俳優の影山優佳氏が解説者として試合の放送に参加した。

日本代表は前半で上田綺世の2ゴール、鎌田大地のミドルシュートで3-0とリード。さらに後半に上田綺世がハットトリックを決め、さらに84分には堂安律が裏に抜け出して5点目を奪取した。

5-0と勝利した試合の後、右サイドバックとしてプレーした毎熊晟矢は影山優佳のインタビューに対して以下のように話していた。

毎熊晟矢

「自分たちがボールを持つ展開になることは予想していました。僕のアイデアで攻撃にアクセントをつけていこうと試合前には思っていたんですけど、なかなか点に絡むことが出来なかった。

それは反省のポイントとして、次につなげていきたいと思います。

常に前のリツ(堂安律)を見てオーバーラップするというのは試合前に話していました。

ただ、相手の形を見ながら自分がサイドで高い位置をとって、堂安選手には中に入ってもらったほうが良いんじゃないかと二人で話して、そこは連携が取れたかなと思います。

今後はより攻撃で色々なアイデアを出して、ペナルティエリアに侵入していく回数も増やしていきたい。もっと得点に絡んでいかなければ
いけないと思います。

そこに一番フォーカスして、これからも頑張りたいと思っています」

【関連記事】日本代表「歴代最高のアウェイユニフォーム」5選

なお、この後日本代表は21日にシリア代表と中立地のサウジアラビアで対戦する予定となっている。

【厳選Qoly】EURO2024、スペイン代表から漏れた「驚きのスター5名」