いよいよ始まる2026年ワールドカップに向けたアジア二次予選。日本代表は16日にミャンマーとの初戦を戦う。

ミャンマーと対戦するのは、2021年5月に行われた同じくW杯アジア二次予選以来。

新型コロナ対策によって無観客のなかフクダ電子アリーナで行われた一戦は、日本が10-0で圧勝している。

4-2-3-1だったこの試合のスタメンがこちら(途中から4-1-4-1に)。

大迫がPKを含めて5ゴール。その他、南野が2ゴール、鎌田、守田、板倉がそれぞれ1ゴールを決めた。

冨安建洋は膝の違和感でベンチ外、久保建英はベンチにいたが出番はなし。2021年11月に代表デビューした三笘薫はまだ不在。

【関連記事】日本人最強の久保建英と三笘薫と同じ80億円の価値を持つ世界的スターはこの21人

そして、2022年W杯後に代表から引退した川島を含め、酒井、吉田、長友、大迫らは現在のメンバーには入っていない。

【厳選Qoly】川村拓夢も!サンフレッチェ広島ユースが輩出した「地元出身」の最高傑作6名