レアル・ソシエダは12日に行われたラ・リーガ第13節アルメリア戦に3-1で勝利した。

9日のCLベンフィカ戦で70分プレーした久保建英は、ベンチスタートとなり後半開始時から出場。

コーナーキックから得点の起点になったが、トラップが大きくなったところでボールを奪われたプレーは失点につながってしまった(動画4分50秒から)。

相手に倒されるもファウルはとってもらえず…。

『ElDesmarque』では「淡白な試合の後半から出場したからかもしれないが、この日本人は普段のレベルには程遠く、あまり絡めず。ミスから同点弾を許した」として久保に4点という厳しい評価を与えていた。

【関連記事】日本人最強の久保建英と三笘薫と同じ80億円の価値を持つ世界的スターはこの21人

ただ、リーグで3試合ぶりに勝利したソシエダは暫定ながら6位に浮上している。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら