『DAZN』で毎週木曜日に放送されている「内田篤人のFOOTBALL TIME」。

今回は野村アナウンサーがAFCチャンピオンズリーグの実況のために欠席となり、その代役として影山優佳がサブMCを務めた。

内田「ルヴァンカップは見た?」

影山「はい、見ました。解説されてましたよね。お疲れ様でした。アビスパ福岡が初優勝で」

内田「オレ、憲剛(中村憲剛)さんとS級ライセンスの講習を受けてるじゃない?実はもう一人いるのよ。それが福岡の分析官。

福岡、すごかったでしょ。バチコーンとハマってたでしょ。浦和はほとんど前に繋げなかった。

それを監督と一緒に準備をしてきて上からハメていた仲間がいます。田中くん(田中遼太郎)といいます。

いまS級をやっているなかでオレより若いのは彼だけ。すごいよ。優秀ですわ」

影山「福岡の戦術で言えば、前選手をシャドーで起用しているのもそういう分析官がいるからですかね?」

内田「両方のサイドを前で潰しに行っていたじゃん。まずワントップが行くんじゃなくて、逆にまずワントップが下がるようにして。ああいうのもちゃんと対策してるんだなぁと思って」

【関連記事】内田篤人が一緒にプレーした「最強の同僚ベストイレブン」

ルヴァンカップで浦和レッズを撃破し、初めての優勝を果たしたアビスパ福岡。その戦術面を支えているアナリストの田中遼太郎さんの手腕に、内田篤人もびっくりしたようだ。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら