バルセロナは8日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのシャフタール戦に0-1で敗れた。

ポゼッションは63%と相手を押し込むも、前半40分に失点すると最後まで得点を奪えず。試合後に選手と監督はこのように述べていた。

オリオル・ロメウ(バルセロナMF)

「この結果とパフォーマンスについて自己批判する必要がある。

難しい試合だった。相手は人数をかけて本当にうまく守ったし、僕らは相手を広げる幅をとれなかった。

監督は4人同時交代で新しいダイナミズムを求めた。交代がゲームプラン遂行に役立つと考えたんだと思う」

アンドレアス・クリステンセン(バルセロナDF)

「ボールはかなり持っていたが、それで何もできなかった。メンタルの問題かもしれない」

チャビ・エルナンデス(バルセロナ監督)

「この試合には怒りを感じる。自分たちのプレーは不十分だったし、必要なことを十分に分かっていなかった。

ベストな状態に戻らなければいけない。改善する必要がある。

何もプラン通りにはいかなかったし、自分たちに腹が立つ。明らかな後退だ」

バルサはグループステージ3連勝だったが、それがとまった形。

【関連記事】バルセロナで「1年だけしかプレーしなかった名選手」9名

また、FWロベルト・レヴァンドフスキはこれで公式戦6試合連続でノーゴールとなった。

ESPNによれば、彼にとっては2011年2月以来の事態だそう。さらに、この6試合では枠内シュートが1本もないほか、ゴール期待値も0.86に留まっているとのこと。

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら