この夏にドイツ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフからの移籍を志願していた田中碧。

それが実現しなかった後、一時は苦境にあったが、状況は大きく変わった。

日本代表としてドイツ相手にゴールを決めるとクラブでも得点を量産し、監督からもレッドサムライと讃えられるまでになったのだ。

フォルトゥナ・デュッセルドルフは2部4位と1部昇格を狙える位置につけている。ただ、『Bild』によれば、補強資金を得るために放出候補筆頭になっているのは、田中だそう。数億円の売却資金を得られるのは、田中になるようだ。

【関連記事】日本代表、絶好調なのに「試練の時」を迎えている5人

スポーツディレクターのクラウス・アロフス氏も「我々はスポーツの面で自分たちに役立つと確信できることを実行するために、できる限りのことをするつもりだ。最初のタスクは、スポーツ面で成功すること。しかし、残念ではあるが、私は財政的問題とスポーツ的問題の間を取り持つ役割を担っている。現実から目をそらすことは正しいアプローチではない」と述べたという。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名