10月30日に発表される2023年度のバロンドール。

リオネル・メッシの受賞が確実視される一方、クリスティアーノ・ロナウドはノミネート候補からも外れた。

そうしたなか、バロンドールを主催する『France Football』の編集長であるヴァンサン・ガルシア氏が『TZ』のインタビューに応じた。

近年はメッシとロナウドの寡占状態だったバロンドールの今後についてはこう話していたそう。

「将来はすでに今日かもしれない。

キリアン・エムバペ、アーリング・ハーランド、ケヴィン・デブライネが今年(2024年)のバロンドールを争う可能性が高い。

しかし、ヴィニシウス・ジュニオールやジュード・ベリンガムらも将来的に候補者になりえる。

(エムバペがバロンドールを勝ちとるにはPSGから移籍する必要がある?)

私はエムバペのアドバイザーではない。ただ、彼はPSGのユニフォームを着て、バロンドールを勝ちとることができると思う」

来年の筆頭候補は、エムバペ、ハーランド、デブライネになると予想。そして、将来的にはヴィニシウスとベリンガムも候補になるとのこと。

【関連記事】メッシとロナウドがいなかったらバロンドールを受賞していた8人のスター

メッシとロナウドは欧州トップリーグを去ったため、2024年からはバロンドールの新時代が訪れることになりそうだ。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★