なでしこジャパンは29日、パリ五輪アジア2次予選でウズベキスタンと対戦し、2-0で勝利。グループステージ2連勝を飾った。

グループ2戦目で迎えた地元ウズベキスタンとの一戦。

日本のスタメンは、GKが山下杏也加。DFは右から清水梨紗、高橋はな、南萌華、遠藤純と並び、一つ前のアンカーにキャプテンの熊谷紗希。

インサイドハーフは林穂之香と長野風花が務め、ウィングは右に清家貴子、左にワールドカップ得点王の宮澤ひなた。1トップには千葉玲海菜が入った。

試合は10分、遠藤のストレート系のコーナーキックを大外で南が合わせ、日本が先制。15分にはエリア内でボールを受けた千葉が左足を振り、早々に2点をリードする。

そして試合は、実質ここまでとなった。

3つのグループに分かれて行われているアジア2次予選。各グループ1位(3チーム)と2位の成績最上位(1チーム)が最終予選に駒を進める。今大会のレギュレーションでは、2位抜けが出たグループによって最終予選(※2チームずつに分かれてのH/A形式での決戦)の組み合わせが変わるのだ。

オーストラリアがすでに2連勝しているグループAから2位抜けが出ると、日本がグループC1位となった場合グループA1位のおそらくオーストラリアと対戦。ところが日本のグループから2位抜けが出れば、対戦相手は韓国、北朝鮮、中国のいるグループBの1位になる(※グループBから2位抜けが出た場合はC1位がB2位と対戦。これが一番理想だが…)。

FIFAランキングでは日本が8位でアジアトップ。しかしオーストラリアは僅差の10位につけており、今夏のワールドカップでも地元の大声援をバックにベスト4入りを果たした。

日本としても対戦を避けたい相手であるため、なでしこジャパンは2点目を決めて以降、ウズベキスタンの2位抜けを期待して点差を維持することを選択。大敗を避けたいウズベキスタンの思惑とも合致し、日本が相手陣でボールを回し続ける時間が延々と続いていった。

日本のボールポゼッションは少なく見積もっても90%以上。ウズベキスタンのブニョドコル・スタジアムでは時折ブーイングもあったが、結局千葉のゴールが生まれた15分を最後にシュートが打たれることはなく終了のホイッスルを迎えた。

【関連記事】日本が知らない「WEリーグが生む価値」と「海外で日本人選手のスゴい評価」。なでしこ元エースの大谷未央さんに聞いた

ウズベキスタンを2-0で下した日本はグループ首位通過に前進。11月1日の第3戦ではベトナムと対戦する。

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら