ドイツ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフでプレーする日本代表MF田中碧が2試合連続ゴールをマークした。

先日のカイザースラウテルン戦に続き、28日のアイントラハト・ブラウンシュヴァイク戦でまた得点を記録。

田中は先発起用されると後半アディショナルタイム8分にチーム4点目となるゴールを決めた。ペナルティエリア内に走り込むと、グラウンダーのクロスに飛び込むスライディングシュートで押し込んだ。

最下位相手に4-1の勝利を収めたフォルトゥナは暫定ながら首位に浮上。

【画像記事】海外挑戦から5年以上…ぶっちゃけもう日本に帰ってきてほしい日本人7名

『Express』では、「カイザースラウテルン戦で勝利に貢献して先発復帰。パフォーマンスを改善しようとしているのは明らかだ。よく動き回っていたが、不正確さもあった。2つの非常に良いシュートがわずかに枠を外れたのは不運だったが、最後にゴールを決めて4-1に貢献している」として、田中に2.5点の高評価(1点が最高)を与えていた。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名