先日発覚した違法賭博の問題により、長期の出場停止処分を受ける可能性が高まったイタリア代表MFサンドロ・トナーリ。

ユヴェントスに所属しているニコロー・ファジョーリ、そしてアストン・ヴィラのニコロー・ザニオーロとともに、イタリアで違法とされるプラットフォームを使ってギャンブルを行っていたことが発覚した。

さらにトナーリはサッカーの試合結果のみならず自分が所属しているチームにもお金を賭けていたことを認めており、ギャンブル中毒にかかっていることも発覚している。

先日はニコロー・ファジョーリが7ヶ月の出場停止処分を受けていたが、さらにトナーリにもおそらく10ヶ月の出場停止処分、そしてギャンブル中毒の治療が義務付けられるとされている。

『Corriere dello Sport』などの報道によれば、この処分によってトナーリがシーズンの大半を棒に振ることになるため、ニューカッスルが法的措置に出る可能性があるという。

相手取るのはトナーリの元所属クラブであるACミランで、数百万ポンドの慰謝料を求める可能性があるそうだ。

【関連記事】 サッカー界から消滅の危機?「ギャンブル系」の最強ユニフォーム10

なお、トナーリの年俸800万ユーロ(およそ12.6億円)についてはニューカッスルが支払いを停止する可能性が高いとされるが、移籍金の5200万ポンド(およそ93.5億円)については支払わなければならない。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら