J1セレッソ大阪は25日にオフィシャルX(旧Twitter)アカウントを更新し、日本代表DF毎熊晟矢がオフィシャルマガジンの表紙を飾ったことを明かした。

WTAPS(ダブルタップス)のワッシャーブロード生地を使用した白のショートスリーブシャツに、黒のパンツでコーディネートした毎熊の表情はさわやかな笑みを浮かべてオフィシャルマガジンの表紙を飾っていた。

今年9月12日に開催されたトルコ戦で代表デビューを飾った毎熊は、これまで今季リーグ戦28試合1得点2アシストを記録。右SBと右MF(あるいはウイング)でチーム状況に合わせてサイドを駆け抜けてチームの窮地を救ってきた。

ときには泥臭くも激しく、そして上手さを見せる毎熊の新たな一面にファンは「表紙からマイナスイオンが漂ってくる~」、「ひぃいぃ!爽やか過ぎて発狂したらふくらはぎ攣りましたwww」、「爽やか~(*ˊᵕˋ*)」と黄色い声を挙げていた。

【関連記事】来季欧州移籍はあるか。今季Jリーグで飛躍中!印象的な活躍を見せる3選手

今季は桜の右サイドで躍動して日本代表デビューを飾った毎熊は、残り少ないシーズンでどのような活躍を見せるのか。次節は今月28日午後2時にホームでガンバ大阪との大阪ダービ―で宿敵と激突する。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名