ポルトガルのスポルティングCPで主力として活躍している日本代表MF守田英正。

『O Jogo』によれば、スポルティングは守田がいなくなる今冬にMFの補強を行う可能性が高くなっているという。

同紙は「今季の守田は文句のつけようがなく、リーグ戦全試合に先発している。だが、この日本人MFは日本代表の一員として、来年1月~2月に行われるアジアカップに出場する見込みだ。4度のアジア制覇を誇る日本は大会も優勝候補。守田は代表でも主軸であり、カタールでの大会を欠場するのはフィジカル的にプレーできない場合のみ。もし、日本代表が決勝に進んだ場合、守田はリーグ戦7試合を欠場する」などと指摘している。

主力である守田が離脱するため、その穴を埋める人材を獲得する予定のようだ。

【関連記事】日本人が7人!現アジアサッカー界最強の市場価値ベストイレブンがこちら

なお、守田についてはフランクフルトが獲得を狙っているが、『TZ』によれば、今冬ではなく来夏での移籍を希望しているとのこと。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★