J1リーグで首位ヴィッセル神戸を勝点4ポイント差で追う2位横浜F・マリノス。

代表ウィーク明けの10月21日(土)にホームで行われる北海道コンサドーレ札幌戦は、逆転優勝に向けて勝利のみが求められる重要な一戦だ。

その札幌戦当日のスタジアムにて、Jリーグ開幕30周年を記念したサッカーアニメ『ブルーロック』とのコラボグッズが発売!

作品に登場する人気キャラクター「糸師冴(いとし さえ)」が横浜F・マリノスのユニフォームを着用したデザイン。特別描き下ろしのビジュアルイラストを使用した限定アイテムだ。

横浜F・マリノス × ブルーロック

マフラータオル

サイズ:H200 × W1100mm

価格:2,200円

SNS風アクリルキーホルダー

サイズ:約H85 × W70mm

価格:880円

缶バッジ

サイズ:直径57mm

価格:660円

フェイスタオル

サイズ:H330 × W800mm

価格:2,200円

ネックストラップ

サイズ:幅25mm、長さ900mm

価格:1,650円

【関連記事】海外で“街着”にしてみたい「Jリーグのユニフォーム」8選

今回ご紹介した以外にもクリアファイル、ダイカットアクリルスタンドプレートも同時発売。販売については下記の通りとなる。

【販売店舗】

トリコロールワン 日産スタジアム内グッズ売店(N11ゲート/W12ゲート付近)

(※トリコロールワン スタジアムショップ、トリコロールランドグッズ売店では取り扱いなし)

【販売時間】

11:30~試合終了後30分

公式オンラインストア「TRICOLORE ONE OFFICIAL WEB SHOP」でも後日販売を予定しているが、試合会場で完売の場合は販売されないので注意が必要だ。

詳細については横浜F・マリノスの公式ウェブサイトまで。

【TVアニメ『ブルーロック』とは】

日本をW杯優勝に導くストライカーを育てるため、日本フットボール連合はある計画を立ち上げる。その名も“ブルーロック(青い監獄)”プロジェクト。

集められたのは300人の高校生。しかも全員FW(フォワード)。299人のサッカー生命を犠牲に誕生する、日本サッカーに革命を起こすストライカーとは?

第45回講談社漫画賞少年部門受賞、講談社「週刊少年マガジン」連載中の大人気コミックスが原作の、今最も熱いサッカーアニメ。TVシリーズ第2期と『劇場版ブルーロック -EPISODE 凪-』の制作も発表された。

Jリーグでは30周年を記念して、J1全18クラブがアニメに登場するキャラクター9名とコラボレーションしている。

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら