この夏に世界的なビッグクラブであるリヴァプールに移籍した日本代表MF遠藤航。

中盤の人材を大きく入れ替えたリヴァプールは他にもアルゼンチン代表MFアレクシス・マカリステル、ハンガリー代表MFドミニク・ソボスライ、オランダ代表MFライアン・フラーフェンベルフを引き入れた。

クラブ公式HPによれば、リヴァプールDFジョエル・マティプはこう話していたそう。

「全ての新加入選手たちがうまく馴染んでいるよ。

Dom(ソボスライ)とMacca(マカリステル)はほぼずっとプレーしているし、素晴らしくやっている。

ボールを持ってプレーする時とボールに対峙する時(守備時)から彼らの適応が素晴らしいことが見てとれる。

むろん、彼らは古巣のクラブでもそれをやっていたけれど、ここでは新人のように見えないね。

ワタルもライアンは後から加入したけれど、すでに僕らのことを助けられることを示した。

全ての新加入選手たちがここまで素晴らしくやっているし、彼らのプレーを見ることを本当に楽しみにしているよ」

遠藤ら新加入MFたちのこれまでを評価していたとか。

【関連記事】内田篤人が一緒にプレーした「最強の同僚ベストイレブン」

なお、カメルーン人のマティプはシャルケ時代に内田篤人とも一緒にプレーしたことがある選手だ。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら