昨シーズン限りで引退したズラタン・イブラヒモヴィッチ。インテル時代にともにプレーしたマリオ・バロテッリへの発言が話題になっていた。

『La Gazzetta dello Sport』によれば、「若いやつが自らの才能で未来を創造するチャンスがありながら、その機会を逃すのは残念だ。バロテッリは多くのチャンスがあったが、全てを逃した。それが事実だ」などと指摘していたそう。

そうしたなか、バロテッリはこんな画像をInstagramに投稿していた。

インテル時代の2009-10シーズンにUEFAチャンピオンズリーグで優勝し、ビッグイヤーを掲げる画像をイブラヒモヴィッチに送りつけていたのだ。

イブラヒモヴィッチは2009年夏にインテルからバルセロナに移籍。彼はキャリアで一度もCL優勝を果たせなかった。

【関連記事】「CLで優勝したことのない選手」で世界最強のドリームチーム

バロテッリはイブラヒモヴィッチが一度も勝ち取れなかったビッグイヤーを自分は手にしたことがあると反撃していたようだ。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら