イスラエルとパレスチナの武装組織ハマスとの衝突が激化している影響はサッカー界にも波及している。

先日、UEFAはイスラエル国内での試合中止を決定。パレスチナも来月からワールドカップアジア予選が始まるが、ホームゲームはアルジェリアで代替開催されることになった。

アルジェリアサッカー連盟は、パレスチナサッカー連盟会長からの要請に応じ、パレスチナ代表の試合をアルジェリアで行うことを決定したと発表。費用も全て負担するとのこと。

パレスチナはFIFAとアジア連盟に対してアルジェリアでの代替開催を求めていたが、それが受け入れられた形。

【関連記事】日本人が7人!現アジアサッカー界最強の市場価値ベストイレブンがこちら

W杯アジア2次予選でグループIに入ったパレスチナはオーストラリア、レバノン、そして、モルディブとバングラデシュの勝者と戦う。11月21日にパレスチナ対オーストラリアが行われるが、その試合がアルジェリア開催になった。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら