日本代表戦のために来日したカナダ代表。カナダの選手たちは東京から試合が行われる新潟に向かったが、その前に素敵な再会もあったようだ。

かつてトロントFCでプレーした遠藤翼が、カナダ代表のリッチー・ラリアとジョナサン・オソリオと再会していたことをInstagram上で明かしていたのだ。

遠藤はアメリカの大学から2016年のMLSスーパードラフトで1巡目指名でトロントFCへ加入し、カナダでプロ選手になった。

その後、メルボルン・シティ、LAギャラクシーⅡを経て、2022年に体調不良で帰国した後に白血病と診断され、骨髄移植を受けた。今年で30歳になったが、現在はプレー復帰に向けて取り組んでいる。

そうしたなか、遠藤はトロントFCでともにプレーしたラリアとオソリオと日本で再会。「我が兄弟、日本にようこそ」、「My guy Richie(リッチー)」と喜んでいた。

遠藤は2人を銀座での焼肉に招待した模様。「カナダの兄弟たちに日本の文化がどんなものか教えるのに苦労したけど、2人はお箸を使ってご飯を食べることはできなかったよ(笑)」としつつ、「All love」とハートの絵文字付きで2人の写真をストーリーに投稿。

ラリアとオソリオは箸ではなくフォークでご飯を食べていたが、いい笑顔をしており、遠藤との再会を満喫できたようだ。

【関連記事】おかえりなさい!難病を乗り越えて復活した英雄選手たち

骨髄移植から半年が経過した遠藤は、各種検査で全て順調というお墨付きを貰ったそう。

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら