多くの日本人選手が所属するベルギー1部のシント=トロイデン。

2021年1月からプレーするDF橋岡大樹は、17日のメヘレン戦で嬉しい移籍後初ゴールを決めた(動画1分3秒から)。

『HBvL』によれば、橋岡はこの日の会見でしっかりとした英語を話していたそうで、同席したトルステン・フィンク監督も「君が英語をうまく話せるとは知らなかった。知れてよかった」とジョークを飛ばしていたとか。

【関連記事】絶好調の日本代表で「試練の時」を迎えている5名

また、橋岡は、初ゴールを決めた試合は一生忘れないとしつつ、このまま得点を続けたいとも述べていたとか。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら