Jリーグは26日、この日開催した理事会で、2024シーズンJ3クラブライセンスの申請があったクラブ(※J3入会を希望するクラブ)に関する判定結果について、以下の通り決定したことを発表した。

■判定結果

ラインメール青森
クリアソン新宿
ヴィアティン三重
ヴェルスパ大分
⇒J3クラブライセンス交付

レイラック滋賀
高知ユナイテッドSC
⇒継続審議

クリアソン新宿に関しては施設基準に課題があるものの、東京23区というホームタウンの特性に鑑みJ3ライセンスの交付を決定したとのこと。

レイラック滋賀は施設基準、高知ユナイテッドSCは財務基準に関して確認が必要な事項が残っており、10月理事会にて継続審議となる。

また、J3のライセンスが交付されたクラブに関しては、今後、10月の理事会にてJリーグ入会が審議される。なお、入会を最終承認されるためには、以下の条件もJFL最終節終了時点で満たす必要がある。

①入会直前年度のJFLのリーグ戦におけるホームゲームにおいて、1試合平均入場者数が2,000人に到達することを目指して努力していると認められること。
②短期的に資金難に陥る可能性が極めて低いとJリーグが評価できる状態にあること
③入会直前年度のJFLのリーグ戦における最終順位が2位以内であること

【関連記事】日本にはJFLがある!「JFLからJリーグ」で活躍した11人の選手たち

JFL第23節終了時点では、ラインメール青森が3位、クリアソン新宿が4位、ヴィアティン三重が5位、レイラック滋賀が6位、高知ユナイテッドが7位、ヴェルスパ大分が9位につけている(※高知とV大分は消化試合が1試合少ない)。

【厳選Qoly】EURO2024、スペイン代表から漏れた「驚きのスター5名」