今年からサウジアラビアでプレーするクリスティアーノ・ロナウド。

マンチェスター・ユナイテッドではエリック・テンハフ監督との関係がぎくしゃくし、最後は喧嘩別れのような形になった。

そうしたなか、『TNT Sports』などによれば、チリ代表MFアルトゥロ・ビダルがこんな発言をしていたそう。

「どうしてロナウドを外すんだ?そういうやつらなんだよ。

やってきた監督が混乱を引き起こすこともある。ひどいもんだ。

やつらの考えは分からない。ロナウドを外すなんて…彼はゴールハンターだ。それを外した。

禿げたやつらは非常にややこしい」

ユナイテッドでロナウドを冷遇したテンハフ監督を批判していたようだ。

【関連記事】まだまだいる!「近年頭髪を補強した名選手たち」10名

禿げたやつらには、ビダルがチリ代表やフラメンゴで指導を受けたホルヘ・サンパオリ監督も含まれていると噂されている。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら