2023-24シーズンの闘いが始まったUEFAチャンピオンズリーグ。

そうしたなか、かつてユヴェントスやバイエルン、バルセロナなどでプレーしたチリ代表アルトゥロ・ビダルの発言が話題になっている。

チリメディア『RedGol』によれば、36歳になったビダルはTwitch配信でこんな発言をしていたそう。

「CL史上最もつまらない試合だったな。ミランとニューカッスルのプレーはクレイジーだった。

とてもよかったポルト対シャフタールの試合とは違った。

マンチェスター・シティもつまらなかったな。PSG対ドルトムントの後半はよかったが、前半は寝た。

ミランとニューカッスルの選手にはうんざりさせられた。彼らは幸運だ。走り方を知っているからな。そうでなければ、ここにはいないだろう。

ニューカッスルは理解できない。プレミアで4位になったのに何もしてない。むかつく。

彼らは命を賭してプレーしなければいけない。初戦ならもっと見せてくれなければ。心底腹が立った。これはチャンピオンズリーグだぜ。

マシーンであるバルセロナは最高の試合をした。

ポルト対シャフタールも素晴らしい試合だった。他の試合はつまらない。

バルサはマシーンだ。他のチームとは違い、狂ったように前に出ていく」

ミラン対ニューカッスル戦はつまらなかったと酷評。20年ぶりのCL出場となったニューカッスルが敵地サンシーロに乗り込んだ一戦は0-0のスコアレスドローとなった。

一方、古巣バルサがアントワープを5-0で蹴散らした試合とポルトがシャフタールを3-1で下した試合はおもしろかったとのこと。

【関連記事】サッカーの歴史上「最悪の髪型」10選

なお、ビダルは現在、ブラジルのアトレチコ・パラナエンセでプレーしている。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら