昨季なんとか17位で残留し、今季もプレミアリーグを戦っているエヴァートン。

彼らの新たなスタジアムの建設工事が順調に進んでいる。クラブは先日YouTubeの公式チャンネルで映像を公開した。

リヴァプールのウォーターフロントにある「ブラムリー・ムーア・ドック」に建設中の新スタジアム。収容人数は52,888人になるという。

建設場所はここだ。

現在のホーム、グディソン・パークからは西へ3kmほどの港湾部でマージー川のほとりに位置する。

完成するとこんな感じに。

工事は2021年8月にスタートし、来年2024年に完成予定。エヴァートンは2024-25シーズンから新スタジアムをホームとして使用する。

つまり、グディソン・パークとは今シーズン限りでお別れに。

リヴァプールのアンフィールドと公園を挟んですぐというロケーションがもうすぐ見られなくなる…。

【関連記事】2度とない?!プレミアリーグ1年目で「日本とコンビを組んだ」5つのチーム

エヴァートンは今週末の17日、そんなホームに冨安健洋のいるアーセナルを迎える。

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら