この夏にラツィオに移籍した日本代表MF鎌田大地は、3日のナポリ戦で昨季の王者を下す価値ある決勝ゴールを決めた。

そうしたなか、DFルカ・ペッレグリーニは、『Lazio Style Channel』でこう述べていたそう。

「ダイチのことはすでに知っていたよ、彼が調子を崩していた最初の2試合とは違うこともね。

自分もリーグやメンタリティを変えて、新しい現実に飛びこまなければいけない経験をした。だから、フランクフルトで一緒にプレーした彼が強かったことは分かっていたよ」

ペッレグリーニはユヴェントスが保有する選手で、2022年8月から翌1月まではフランクフルトにローンされ、鎌田とともにプレーした経験がある。

本当の鎌田を知っている彼は、開幕2試合が本調子ではなかったことを理解していたとのこと。

【関連記事】鎌田大地が加入!ラツィオの「歴史上最強のベストイレブン」

ラツィオは16日にユヴェントスと対戦するが、鎌田とペッレグリーニのプレーにも注目だ。

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★