ドーピング検査でテストステロンに陽性反応が出たため、暫定的な出場停止処分を科されたユヴェントスMFポール・ポグバ。

友人である医師から勧められて、アメリカで買ったサプリメントが原因と伝えられている。

『RMC』によれば、フランス代表のキングスレイ・コマンとディディエ・デシャン監督は、ポグバのドーピング問題についてこう話していたそう。

キングスレイ・コマン

「僕らはポールをサポートする。彼は親友だし、ファミリーの一員だ。

よく分からないし、待つしかない。でも、僕らはポールのことを知っている。

何かがあったとしても、それは意図的ではなく、おそらく無意識的なものだったはず。僕らは彼のことを思っている」

ディディエ・デシャン

「当然ながら、とても驚いたし、詳しいことは分からない。

彼には多くのことが山積しており、大変だ。

数日中に彼と話す時間を作るつもりだ。メッセージのやり取りはした。

彼が意図的に摂取したか?彼のことを知っているので考えられない。

ワクチンと新型コロナの話をしたのも覚えているが…」

2人ともポグバが意図的に摂取したとは考えていないようだ。

【関連記事】「ドーピング違反で処罰された偉大なスター選手」5名

故意ではないことを証明できれば、処分が軽減される可能性があると伝えられているが、ユーヴェはポグバとの契約解除を検討しているとも…。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら