この夏にリヴァプールに移籍した日本代表キャプテンの遠藤航。

9日に行われたドイツ戦では卓越したプレーで歴史的な勝利に貢献した。12日のトルコ戦では後半19分からの途中出場だったが、鈴木紗理奈さんは放送のテロップに興奮していたようだ。

紗理奈さんは息子さんの影響でリヴァプールファンになり、先日、聖地アンフィールドで試合を生観戦。

「とにかくピッチがスタンドから近い!!ずっと日本語で興奮してる謎のアジア人KOP」、「はぁ、尊いとはこの事か。アジア女うるせえw モ様(サラー)のジャンプ可愛いw」などと大興奮していた。

そんな紗理奈さんはトルコ戦をテレビ観戦していたが、SNSに「遠藤のテロップにリバプールって記載鬼萌え」とハートの絵文字付きで投稿。遠藤の所属チームがリヴァプールと表示されることに興奮していたようだ。

また、紗理奈さんはリヴァプールのステンレス鋼トラベルマグもSNSで披露しており、普段から愛用している模様。

【関連記事】遠藤航がいるぞ!プレミアリーグ史上最も高額だった30代選手10人

ちなみに、遠藤によれば、代表選手が多いリヴァプールはインターナショナルマッチウィークに入ると1週間丸々休みにしたとか。そのリヴァプールは16日のウォルヴァーハンプトン戦でリーグ戦が再開する。

【厳選Qoly】本日韓国戦!小久保玲央ブライアンはなぜベンフィカ「B」でもベンチ外なのか?現地の事情通は「退団の勧め」

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら