かつてマンチェスター・シティなどでプレーしたDFマイカー・リチャーズが、初めてイタリアに移籍したときのエピソードを明かしたそう。

マイカー・リチャーズは2014-15シーズンの夏の移籍マーケットでフィオレンティーナに貸し出されることになり、締切日に契約を結んで急遽イタリアへと渡った。

その際、彼はマンチェスター・シティ時代の友人であったイタリア代表FWマリオ・バロテッリに連絡を取り、言語を教わったというのだが…。

マイカー・リチャーズはそのときのことをポッドキャスト『Rest Is Football』でこう話していたそうだ。

マイカー・リチャーズ

「悪い話があるよ。僕は移籍マーケットの最終日にイタリア・セリエAのフィオレンティーナに移籍したんだ。

もちろん、僕は全くイタリア語を話せない。『SI』がYESだということくらいしかわからないんだ。

そして、バカになったつもりでバロテッリに聞いてみたんだ。『誰かに会ったとき、挨拶はどうすればいいんだい?』と。

それから、監督のヴィンチェンツォ・モンテッラと会いに行ったよ。そしてバロテッリから教わったように『Testa di cazzo』と言ったんだ。

まあ、そして、これは『クソ野郎』という意味だったと思う。

彼は僕を陥れたんだ。モンテッラ監督に公平を期すために言えば、彼はただそれを聞いて笑っていたよ」

【関連記事】史上最も「お騒がせ事件が多かったサッカー選手」TOP5

これが影響したわけではないだろうが、フィオレンティーナでは急遽3-5-2のフォーメーションが採用されたため、マイカー・リチャーズは10試合しか出場機会が与えられず、1年で返却されている。

【厳選Qoly】親の名前が強すぎる!父の跡を追う「オランダ最強レジェンド」の息子5名

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら